VRChatにVRoidで作ったアバター(VRM)をアップロードする方法

VR

VRChatにVRoidで作ったアバター(VRM)をアップロードする方法を紹介します。

Vroidをエクスポート

VRoidでアバターを作成して用意します。(ここまではやっている前提で話を進めます)

まずはVRMファイルを取り出します。

①右上の撮影・エクスポートのタブを選択
②左のエクスポートを押す
③右のエクスポートを押す

規約画面で「OK」

unity Hubをインストール

Download
Download Unity now and get started with the world’s most popular development platform for creating 2D and 3D multiplatfo...

VRCatが対応しているバージョンのunityをインストールします。
2019.4.31f1(2022年3月現在)

左メニューのインストール
右上のエディタのインストール

アーカイブのタブ→長期サポートをクリック。

バージョンを2019.4を選びます。

2019.4.31f1(2022年3月現在)を探してクリック

unity Hubを選択して開きます。

unity Hubを開く

UnityHubを開く→左メニューのプロジェクト→新しいプロジェクト

左の①すべのテンプレート→②最上部のバージョンが2019.4.31f1(2022年3月現在)で合致していることを確認→③3Dを選択→④適当にプロジェクト名を付ける→プロジェクトを作成。

unityを開きます。

必ず新規プロジェクト、新規のシーンで作成してください。

VRCモデルの変換では、新規のプロジェクトにしないとエラーになって正しく変換されません。(経験則)

VRChat Avatar SDK(VRC SDK3)をインストール

公式サイトからVRChat Avatar VRC SDK(VRC SDK3)をインストールします。

https://vrchat.com/home/download

ダウンロードしたファイルは、unityの下のAssetsのエリアににD&D(ドラッグ・アンド・ドロップ)でインポートできます。
(unityの上メニューのAssets→import package→Custom packageからのファイル選択でも可)

VRM Converter for VRChatをインポート

VRM Converter for VRChatをインポートします。

【¥0】 VRM Converter for VRChat - ぽけもり BOOTH支部 - BOOTH
※Windowsの場合は、以下の「インストール方法」から、コミュニティリポジトリ版をご利用ください English README → VRM-0.0とVRChat SDK3アバターを相互変換するUnityエディタ拡張です。 ※VRChat ...

右上の最新版をダウンロードします。

ダウンロードして展開したzipファイルの中に「VRM Converter for VRChat-〇〇 + UniVRM-〇〇.unityPackage」というファイルが入っています。

unityの下のAssetsのエリアににD&D(ドラッグ・アンド・ドロップ)でインポートできます。
(unityの上メニューのAssets→import package→Custom packageからのファイル選択でも可)

Dynamic-Bone(ダイナミック・ボーン)をインポート

Dynamic-Bone(ダイナミック・ボーン)は、ボーンを揺らしてくれるアセットです。
ボーン(骨)とはキャラクターの骨の他に、猫耳や、スカート、胸、しっぽ等々に入っています。

これがないとキャラクターの動作が一部固まってしまいます。

モデル作成では必須なので買っておくといいでしょう。

Dynamic-Bone

unity上の中央メニューのAsset Storeタブ→dynamic Bones→インポートで開いているunityのプロジェクトにインポートします。

ダイナミックボーンをインポートしなくても一応動作はします。
しかし次のVRMファイルのインポート段階でエラーが多発してVRMが変換されずにエラー対策と再起動を何度か繰り返すことになります。

VRMファイルをインポートする

①下のAssetsのエリアににVRMファイルをD&D(ドラッグ・アンド・ドロップ)でインポートします。

いくつかのファイルが自動的に変換・作成されます。

目視できる形で変換されたVroidモデルのファイル(アバター名.Prefab)が表示されます。

VRChat用にモデルを変換

次にVRChat用にモデルを変換します。

①変換されたファイルを選択した状態で上のメニューの
②VRM→Duplicate and Convert for VRChat

を押します。


揺れ物「Convert Vrm Spring Bones And Vrm Spring Bone Colider Groups」に。

右下の「複製して変換」

「アバター名(VRChat).Prefab」というモデルファイルが作成されます。

unityのHierarchy(ヒエラルキー)に追加される

中央のSceneの画面にアバターが表示されます。

上記で変換された「アバター名(VRChat).Prefab」というモデルが左上のHierarchy(ヒエラルキー)に追加されていることを確認しましょう。

もし表示されていなければ、D&D(ドラッグ・アンド・ドロップ)で追加します。

VRC_Avatar DescriptorでView Positionを設定

View Positionというゲーム時のキャラクターの目線の位置を設定します。

①左上のHierarchy(ヒエラルキー)の項目に追加した「アバター名(VRChat)」のファイルを選択します。
すると右のエリアにInspectorが表示されます。
②Inspectorの中のVRC_Avatar Descriptorの欄を探します。(少し下の方にあります)
ここでView Positionを設定します。

キャラクターの頭上か顔面あたりに灰色の球体が表示されます。
この球体を移動させます。
目と目の間がベストなポイントです。

移動させるためにはView Positionの座標を変更します。

アバターの身長によりますが、おおむね
X 0
Y 1.2~1.6
Z 0.1

程度で設定すると、ちょうど顔面の前にきます。

これはキャラクターによって異なるので少しずつ数値を変えて調節してください。

VCRhatにアップロードする

上のメニューのVRChat SDK→Show Controll Panel→Builderのタブ→Build & PublishでVRCにアップロード。

Build & Publishが暗転グレーしている場合は、上記のAuto Fixをクリックすると自動で改善されます。

Build & Publishをクリックするとしばらくロードした後、GameのタブにUpdateAvatarが表示されます。
適当なAvatar nameをつけて
下のThe Adove Informationの項目にチェックをして
Uploadをクリック。

あとはVRChatにログインして→メニュー画面を開いて→Avatarからあなたのアップロードしたアバターを確認してみましょう。

VRゲームおすすめのパソコン【VRChat】

VR初心者おすすめVR機器【比較まとめ】【VRChat】

タイトルとURLをコピーしました