VR世界に飛び込みたいですね。VRで仮想現実世界へ行きたい!
時代の最先端、美少女アバターやイケメンアバターとキャハハウフフ…。
ドラゴンや魔法の世界を現実に体感したい!手から波動や魔法を放ちたい!
VR機器とパソコンは何を買ったらいいの!?
VRを始めて2年目になる私がまとめます。


「ゲーミングパソコン」か「自作パソコン」が必須

はっきり言うと、VRでゲームで遊ぶためには

1、「ゲーミングパソコンを買う」

2、「自作パソコンを買う」

どちらかしかありません。

VRするのにはそれなりの性能が必要です。
どちらも予算は15万円前後。
厳しく聞こえたら申し訳ないですが「出費を抑えたいのでギリギリのスペック(性能)で…。」なんて言ってられません。

それは私自身が当初はそう思ってギリギリのスペックでVR用にパソコンを組んだ結果、その後に後悔したためです。
ギリギリのスペックでどう困ったかと言うと、多発するエラー、多発するブルー画面、熱暴走(オーバーヒート)、強制シャットダウン・・
低スペックのパソコンにした結果、パソコンが壊れるんじゃないかと感じました。

みなさんには私のように失敗して後悔してほしくないです。

自分がVRでやりたいことをやるために15万円前後の出費は安いです。

必ず将来的に有益な投資になるということ、時代の最先端を体感できるということ、新たなクリエーターの可能性と出会いに触れられるということ。
私もVRをはじめて、いろんなクリエーターの人にモデリングやゲームの作り方、投資の話や、プログラミング、恋愛・・

もし専門の教室に通ったら一ヶ月で回収できる以上の学びを得ることができました。

確実な投資価値があります。

しかもゲームで遊べる。

メリットだらけです。

必ず下記で紹介するような性能に余裕を持ったパソコンを手に入れましょう。

VRするためのパソコンのスペック(性能)

OS・・Windows10
CPU・・Intel 第7世代のCore i5程度以上
メモリ・・最低16GB、推奨32GB
グラフィックボード(ビデオカード)・・NVIDIA GeForce RTX 2060以上

初めてパソコンのこういったスペック(性能)を見る人は、分けわからない数字に見えると思います。

安心してください。私がこれに合わせたパソコンを紹介します。


ゲーミングパソコンを買うメリット

九十九電機(ツクモ電機)のネットショップはVRに最も力を入れてます。店頭よりも安くなっています。
BTO(ツクモ電機の専門店員さんにパソコンを注文して組み立ててもらう)をネットで買うのが効率がいいです。

ツクモ電機はVRに特化したパソコンのノウハウがあり、かつ最も安価にVRパソコンを売っています。

おすすめするパソコン1位

私の一番オススメは、Ryzen(ライゼン)のゲーミングPC一番人気モデル。


RyzenゲーミングPC一番人気モデル G-GEAR GA7A-F194/T

おすすめするパソコン2位

次点でIntel(インテル)のゲーミングPCの一番人気モデルです。


IntelゲーミングPC一番人気モデル G-GEAR GA7J-F194/T

ここで注文すれば組み上がったものを新品として届けてくれます。

もちろんWindowsもすべて入っています。

ただ両方ともディスプレイ画面は付属していないので、別にゲーミング用のディスプレイを買うのがお得です。

ASUS ゲーミングモニター 24インチ PS4 FPS向き 1ms 75Hz HDMI Adaptive-Sync フリッカーフリー VESAスピーカー付 3年保証VP248H

自作パソコンまで手を伸ばすのに少し抵抗がある人はBTOのパソコン購入をおすすめします。

ツクモ電機でのBTOパソコンの買い方

やり方を説明します。

おすすめするパソコン1位

私の一番オススメは、Ryzen(ライゼン)のゲーミングPC一番人気モデル。


RyzenゲーミングPC一番人気モデル G-GEAR GA7A-F194/T

おすすめするパソコン2位

次点でIntel(インテル)のゲーミングPCの一番人気モデルです。


IntelゲーミングPC一番人気モデル G-GEAR GA7J-F194/T

上記のどちらかお好みのパソコンを開きます。

リンク先の「カスタマイズ・お見積り」をクリック。

いろいろチェック欄が出てきますが、基本的にはそのままでOKです。

しかしワードやエクセルやパワーポイントなどのマイクロソフトオフィス(Microsoft Office)を使いたいならば、
「マイクロソフトOffice製品」の欄からオプションで追加。

今後もスペックを強くさせたいなら、
メモリの欄を32GB以上にチェックしましょう。

最後に「バスケットへ進む」をクリックして決済します。


自作パソコンを買うメリット

自作パソコンで組み立てたとしても15万円程度にはなります。
しかし自作パソコンは難しいように見えて、最初のハードルが高いだけ。
長期的に見れば、
例えば「あっ、1万円でグラフィックボードだけ取り替えよ。」
「5000円でメモリだけ取り替えよ。」と

「パーツを部分的に取り替えるだけで済む」ので、その都度パソコンを15万円でまた買うようなことはなくなります。

長期的に考えれば、出費は少なくなるのです。

私で良ければ、毎月最新の自作パソコンの作り方とパーツを紹介しています。
いつでも相談も受け付けますのでご利用ください。

【無料】私が教える!初心者さん大歓迎!自作パソコンの作り方!
https://amapc.p2pzen.com/

自作パソコンの作り方
初心者さん大歓迎!自作パソコンの作り方!

VR機器は何を買えばいいの?

次の記事でまとめています。ご覧ください。

VR初心者おすすめVR機器【比較まとめ】【VRChat】