20161113-130355

Excel(エクセル)で久々に困らされました。

Office2003のエクセルで保存したファイルを、Office2010で開こうとしたら
「ファイルが破損しているため開くことができません」
「●●.xlaにアクセスできません」

との同時のエラーメッセージ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同時とかやめて…。更にファイルを保存しようとしてもエラーメッセージで保存できない

どれだけエラーメッセージやねん。

「ファイルが破損しているため開くことができません」

Office2010以降の「.xlsx」の拡張子は開けるのですが、それ以前の「.xla」の拡張子ファイルを開こうとしてもことごとくエラー。

まず「ファイルが破損しているため開くことができません」はアドオンが関与しているようで

Excelの「ファイル」タブ→「オプション」を選択
「Excelのオプション」
「アドオン」をクリック
下側に表示されている「設定」
「ソルバー アドイン」と「分析ツール」のチェックが入っていたら全て外す。
「OK」

(参考)
Excel(エクセル)「ファイルが破損しているため開くことができません」
https://jisaku-pc.net/hddhukyuu/archives/3331

「●●.xlaにアクセスできません」

通常は上記の方法のアドオンの停止だけでエラーメッセージは消えるはずですが、

それでも
「●●.xlaにアクセスできません」のエラーメッセージが消えず、
C:\Program Files\Microsoft Office\Office○○の中の、「●●.xla」のファイルを直接削除しました。

保存しようとするとエラーで保存できない

Excel(エクセル)で.xlaのファイルが開けるようになった・・あーよかった・・
と思いきや、今度は編集して保存しようとするとエラーメッセージで保存できない。

もういい。

OpenOffice(オープンオフィス)
https://www.openoffice.org/ja/download/

OpenOfficeをインストールする。

Excelに相当する「Calc」のソフトで開けない「.xla」ファイルを開く。

そして「.xlsx」の拡張子で保存。強引ではありますがOffice2010以降で開けるようにしました。

10個ほど重要なエクセルデータがあったのでそれだけの作業であれば最終手段としてOpenOfficeを介するのもありです。

Microsoft Office Personal 2016

エクセルはできるだけ最新のを乗り換えながら使い続けるのが吉です。