超簡単!Windows8.1にスタートボタンを復活させる方法

Windows8.1スタートボタン復活


←HOME版    Pro版→
家庭用で簡単に使う場合はHOME版。業務用あるいはゲーム・動画編集を行う場合はPro版を選びましょう。
Proの方がセキュリティや使えるメモリ容量の上限が強化されてるので数年後にも流用してまた使えます。

Windows8は、Windows7よりはるかに機能向上しながらも

①左下のスタートボタンがない
②起動時はデフォルトでタブレット画面(モダンUI)
③シャットダウンするのに右上に移動→右下の設定に移動→電源から最低3クリックも必要

大きくこの3つが使いにくいので、XP/vista/7と同じようにデスクトップ画面に従来のスタートボタンのメニューを戻して表示させて復活させる方法を紹介します。

Windows8.1スタートボタン復活5

Windows8では基本的に迷ったり行き詰まったら右上にマウスポインタカーソルを合わせることになります。

それからスタート画面からデスクトップやアプリに移動するのですが、XP/Vista/7の操作に慣れていると手間すぎて不便です。

Windows8.1スタートボタン復活d

従来のデスクトップ画面にしても、左下にスタートボタンがないので、また上記の操作を繰り返して、コントロールパネルやアプリやサービスを起動することになります。

そこでWindows8のデスクトップ画面にスタートボタンを復活表示させます。

最も手っ取り早くて簡単なのがStart Menu 8というフリーソフトです↓

Start Menu 8
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se501069.html

上のリンクからダウンロードします。

Windows8.1スタートボタン復活349

任意の場所に保存します。

Windows8.1スタートボタン復活03

ダウンロードしたフォルダを開いてstep.exeをダブルクリック

Windows8.1スタートボタン復活9

以下のような画面が開くので「次へ」とクリックしていきます。

Windows8.1スタートボタン復活14

最後の最新情報等のチェックは外しておくことをオススメします。

2Windows8.1スタートボタン復活43

これ以降はオプションで好きなようにカスタマイズしていきます。

スタートメニューのスタイルを選びます。(お好みで)

Windows8.1スタートボタン復活8

一般設定をチェックします。(お好みで)

Windows8.1スタートボタン復活15

スタートボタンのデザインを選びます。(お好みで)

Windows8.1スタートボタン復活425

メニューに表示させる項目を選びます。(お好みで)

2Windows8.1スタートボタン復活456

ユーザーごとのインターフェイスを選びます。(お好みで)

Windows8.1スタートボタン復活2

※IObit Uninstallerの完全アンインストールのソフトが自動インストールされてしまって邪魔な場合は一度再起動してから、コントロールパネルからアンインストールしましょう。特に支障ありません。

 

無事、復活させることができました!

Windows8.1スタートボタン復活

 

これはWindows7以前よりも断然使いやすいです!

↓私のホームページです。初めてでも一緒にチャレンジしてみましょう!
初心者さん大歓迎!Amazonで簡単!自作パソコンの作り方!

次は、Windows7以上に更に操作速度を向上化させる方法を紹介します。↓
やるかやらないかで雲泥の差があります。

WindowsXP/Vista/7/8の操作・起動を最高速化する方法(メモリRAMディスク化)
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1558.html

Windows8のアカウント個人情報を削除して情報流出防止、アプリを無効化して高速化する方法
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1559.html

2014年11月23日
スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ