360°で撮影した動画をYouTubeにアップロードしましょう。

こんな感じです。クリックすれば動画内で動かせます。

話題にもなりますし、面白いですね。

手順を覚えてしまえば簡単で無料でできます。

MicroSDをカードリーダー等でUSBでパソコンに接続し取り込むことまではできる人が多いと思います。

私はこのカードリーダーを使っています。カラーが白なのでなくしにくいのが良いです。

BUFFALO 高速カードリーダー/ライター 節電モデル ホワイト BSCR24EU2WH

しかしパソコンに取り込んで以降どうやってYouTubeにアップするのか・・。

その手順方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回はInsta360 ONEを例にします。

Insta360 ONE X 5.7K 360度動画 手ブレ補正機能

①Insta360 Studioでmp4に変換

まずはinsta360の公式サイトへ行きます。

https://www.insta360.com/download?locale=ja-jp

次に買った対象の商品を選びます。

360度編集ソフトウェアInsta360 Studioをダウンロードしてインストールします。

Insta360 Studioを開きます。
左上のFileから選択してもいいですし、ファイルを直接Insta360 Studioのウィンドウにドラッグして開いてもOKです。

取り込んだデータは、
画像は.inspの拡張子。
動画は.insvの拡張子になっています。

動画の場合.insvです。

右側のチェック項目の
Removinng purple fringe(線補正)
Optical flow stitching(つなぎ目補正)
Gyroscope stabilization(手ぶれ補正)
にチェックを入れます。

その下の
Export bitrateの項目は8M、12M、30M、60Mとありますが60Mが望ましいです。数が大きいほど高画質になります。

下の黄色の「Export」を押すと変換が始まります。

これで第1段階の.mp4ファイルの完成です。ここからYouTube用に変換します。

②YouTubeに360° 動画のアップロードをする

下記のYouTubeの公式にも書かれている通り、

360° 動画のアップロード
https://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=ja

YouTube用にはSpatial Media Metadata Injectorのアプリを使用して 360° 対応ファイルにしなければなりません。

Spatial Media Metadata Injectorをダウンロードしてインストールする。

上記のYouTube公式サイトの「ステップ 2: アップロードの準備」にある
「360 Video Metadata アプリの最新版をダウンロードします。」のリンクより最新版をダウンロードします。
https://github.com/google/spatial-media/releases/tag/v2.1

リンク先の一番下の方にリンク先があります。
360.Video.Metadata.Tool.mac.zip(Mac版)
360.Video.Metadata.Tool.win.zip(Windows版)
です。OSに合わせてダウンロードします。

Spatial Media Metadata Injectorを開いてOpenで①で作った.mp4ファイルを選択します。

My video is spherical(360)にチェックが入っているのを確認して、Inject metadataを押します。
変換が始まります。

変換が終わるとファイル名_injected.mp4というデータが出来上がります。

このファイルをYouTubeにアップロードします。