CPUに最強のArctic Silverグリスを塗り替える!熱伝導率もいい!

CPUグリス塗る48

パソコン起動時にマザーボードから「CPU Over temperature」のエラーメッセージが出て起動しなくなりました。

電源を切ったまま10分ほど放置。改めてスイッチを入れると起動しました。

これは「温度が高すぎるよ」との意味です。

早速、温度を確認するとCPUが60~70℃で推移していました。

シルバーグリス塗布

早急にCPUにグリスを塗り直しました。

使ったのは以下のグリス。Amazonでも最もレビュー数が多くて人気の純銀グリス(シルバーグリス)です!

AINEX シルバーグリス [AS05]

CPUグリス塗る9

実に4年ぶりにグリスを塗り直すことになりました。

CPUファンを外すと・・
おぉ・・予想以上にホコリまみれだ・・・

resize0856

エタノール成分を含んだウェットティッシュで綺麗に拭き取ります。

まずは自分の身体の静電気を窓枠などに触れて逃してから作業開始!

基盤など精密部分に水分が触れないように注意しましょう。
ウェットティッシュで拭く→乾いたテッシュで拭く→ウェットティッシュで拭く→乾いたテッシュで拭く
で少しずつ丁寧にグリスを拭き取ります。

CPUグリス塗る45

CPUファンの裏も拭き取ります。

CPUグリス塗る0

CPUファン側に先にグリスを塗ります。真ん中にグリスを落としてヘラなどで薄く伸ばせばOKです。
真ん中付近は心持ち厚くし、金属面をあえて残して熱伝導率を考えるのがコツです。

resize0855

次はCPUに塗布します。
真ん中にグリスの山を盛ります。

CPUグリス塗る48

真ん中のグリス山からヘラで上下左右にチョンチョンと適当に伸ばします。

resize0857

ヘラで均等になるように同一方向に塗ります。

CPUグリス塗る52

CPUファンを取り付けます。

CPUグリス塗る51

これにて終了です!

温度を見てみると・・・

シルバーグリス塗布後

 

これはすごい。

本当に-12℃以上温度が下がりました!

さすが超微粒子の純銀グリスのAINEX シルバーグリス!

グリスは長期間使うので重宝しています。