画像編集ソフトにはPhotoshop、動画編集ソフトにはPremiereを使っている人が多いです。

しかしAdobeのPhotoshop,illustrator,Dreamweaver,InDesign・・
フォトプラン 月額980円/年額11,760円
コンプリートプラン 月額4,980円/年額59,760円

いくらなんでも高すぎます。

これらはサブスクリプションと呼ばれ月額でお金を払い、サービス更新ごとに契約料を支払います。負担です。


フォトショとプレミアの永続ライセンスを買い切りしてしまおう

教員や学生だったらどこかに在籍している資格のあるうちに、Adobeの永続ライセンスで買い切りして画像編集フォトショや動画編集プレミア永久に使う方がお得です。
教員や学生でなく学割等が適応されない方はそのまま「通常版」の商品を手に入れましょう。
Amazonで売っています。

Adobe Photoshop Elements & Premiere Elements 2020(最新)|学生・教職員個人版|パッケージ版|Windows/Mac対応

「パッケージ版」を買うのもポイントです。

マイクロソフトのワードやエクセルでさえ私は2003年や2010年のパッケージ版を使っています。
大して大きな更新もありませんし、パッケージ版であればパソコンを乗り換えた時にインターネットで認証しなくてもすぐインストールできます。

他に一発で買い切りできる画像編集・動画編集ソフトもあります。

PowerDirector(パワーディレクター)とPhotoDirector(フォトディレクター)です。

動画編集ソフト:PowerDirector(パワーディレクター)

サイバーリンク

Adobeのプレミアと同じように動画編集ができます。プレミアだと年額1万5000円ほど払い続けなければならないですが、
このPowerDirectorなら買い切りポッキリで同じ機能。明らかにお得なので買いです。

上の商品リンクに移動して、上にある「法人向け製品」→「学生・教職員向け優待販売」というところで買えます。(あるいは一番下のメニュー画面の「学生・教職員向け優待販売」)


画像編集ソフト:PhotoDirector(フォトディレクター)

サイバーリンク PhotoDirector

こちらは画像編集ソフトです。Adobeのフォトショップと同じように画像編集ができます。フォトショップだと年額1万5000円ほど払い続けなければならないですが、
しかしPhotoDirectorなら買い切りポッキリで同じ機能。明らかにお得なので買いです。

動画や画像編集なんて使わないという人でも、ないより困ることはありません。あれば長年使えます。

YouTuberのような動画編集、
インスタ映えする画像編集、
コラージュやモザイク処理まで余裕です。
今後、自分のお子さんの記録、友人・知人の結婚式や同窓会、会社や学校のプレゼンテーションなど動画や画像編集が頼まれることがあるかもしれません。

上の商品リンクの上にある「法人向け製品」→「学生・教職員向け優待販売」というところで買えます。(あるいは一番下のメニュー画面の「学生・教職員向け優待販売」)

単品ずつならAmazonがお得かも

公式サイト以外にAmazonでも動画編集ソフトPowerDirector(パワーディレクター)を単体で手に入れることは可能です。

もし動画編集ソフトPowerDirector(パワーディレクター)を単体で購入する場合は、Amazonのほうが安くなっている場合もあるのでチェックしてみてください。

PowerDirectorとPhotoDirector

前記事

学生・教職員のうちに買っとけ!限定アカデミック版ソフト・製品ランキングまとめ!