【比較】Amazon Kindle本体はこれを買おう!おすすめ種類!

resize1027

ついにAmazon Kindle(アマゾンキンドル)を購入しました。
Kindle(キンドル)とは、Amazonの電子書籍を読むための専用の機器です。

Kindleにはいくつかの種類があります。

普通のKindle

Kindle Paperwhite

Kindle Voyage

買ったのは「普通のKindle」です。

PaperwhiteやVoyageとの大きな違いは、無料3G回線が使えないことくらいです。

どちらにしても3G回線(2010年頃のケータイの低回線)でダウンロードするには遅すぎますし、外出先でダウンロードすることはまずありません。

そして外出先でもインターネット接続すると充電の減りが大きいとの評価を見ていたので、わざわざ上位互換を買う必要はないかと感じました。

自宅のWi-Fi回線(ワイヤレス回線)の周囲だけで利用して電子書籍をダウンロード、そしてKindle本体を外に持ち歩いて読書。

これだけの用途なので「普通のKindle」で十分です。

充電もそちらの方が長持ちになります。



resize1028

なんかリッチな箱です。

言語設定
resize1025

言語を日本語に設定。

接続ネットワーク
resize1023

勝手にWi-Fiネットワークを拾います。

スタート画面
resize1024

完成!
resize1026

手のひらサイズで使いやすいです。

これでいつでも読書できます。

普通のKindle

スペックはAmazonより↓

ディスプレイ・・Pearl電子ペーパー技術採用6インチディスプレイ、解像度167ppi、フォント最適化技術、16階調グレースケール
サイズ・・169 mm x 119 mm x 10.2 mm
重量・・191グラム
システム要件・・ワイヤレス接続対応、コンテンツのダウンロード時にPC不要
容量・・4 GB (通常の本の場合数千冊保存可能)
クラウド・・Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
バッテリー・・ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で最長4週間利用可能。ワイヤレス接続およびライトの使用によって利用できる時間は異なります
充電時間・・PCからUSB経由での充電で約4時間
Wi-Fi接続・・802.11b、802.11g、または802.11n標準規格を使用した公共およびプライベートネットワークまたは無線LANスポット、パスワード認証によるWEP、WPAおよびWPA2セキュリティに対応
対応ファイルフォーマット・・Kindleフォーマット8(AZW3)、Kindle(AZW)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応

2015年05月05日
スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ