3Gガラケーから無料でスマホ(Pixel4)を手に入れるまでの方法を以下で書きました。
是非、みなさんも実践してみてください。

3Gガラケーから無料で10万円台のスマホを手に入れる方法


10年間続いた2台持ち時代

私は今まで音声通話専用のドコモ3Gガラケーとデータ専用のスマホの2台持ちで今までやってきた。
ドコモのFOMA終了は2026年だから先の話と思っていたけどガラケーの故障修理保証が先になくされたので、ガラケー壊れたら強制的にドコモのスマホを買わされてしまう。

ビジネス用の通話専用機ガラケー。ドコモで月1500円程度で維持していた。
壊れるごとに修理交換保障で本体端末5000円で新品に交換されるのがコスパ良かったが、ガラケー修理保障終了をやられ、次壊れたら強制スマホ契約で高額になる。

FOMAが終わる2026年までドコモのガラケーが充電の持ちが良いのでビジネス用の通話専用機として維持したかったがガラケーの故障保証が先に終わって背水の陣。
ガラケー壊れたら強制的にドコモ高額スマホを買わされてしまう。今までは故障したら5千円で新機種ガラケー交換だったがそれができないのは痛い。

本当にそれは困る。

退路を絶たれたので、ソフトバンクのスマホ月980円プランに変えた。

なのでガラケーだけ避難させることになったのです。

24年間使い続けたドコモを解約

1996年のPHSから24年間、両親が使い続けたドコモを解約。
長く使えば長期割引でお得とあったが、20年以上使っていてもそんなことはなかった。
このご時世、最低プランでも2000円台は高すぎる。


アクロバティックなスマホデビューの方法

家電量販店の店員から、今まだ3Gガラケーから乗換で本体無料してるソフトバンクで音声通話プランのみスマホデビュー→本体だけ手に入れる→2年縛りも解約金も端末代の月日割等の違約金も発生しない→SIM解除できる101日以上使ったら解約して格安SIMにすればいい、というアクロバティックな提案された

3Gガラケーから無料で10万円台のスマホを手に入れる方法

なぜソフトバンクになったのか?

本当はファーウェイP30が良かったけど、ソフトバンクではガラケーからのスマホデビュー対応機種にない。
他社ならあるが、この方法の乗り換えできるのが本体代含む違約金や解約金なしで可能、かつ音声通話プラン(正確には1Gのデータも付く)のみがあるのがソフトバンクだけだったという消去法。

ソフトバンクのガラケーからのスマホデビュープランで月額980円がSIM解除可の101日間(およそ4ヶ月)=4000円だけ発生するが、10万円近くするPixel4がタダで手に入るなら割良いかなと。
もっと後の乗り換えタイミングが良かったけどドコモのガラケーの解約金なしになる契約更新月が今月なので仕方ない

ソフトバンクで本体無料でもらって→SIM解除可能の101日経過後にソフトバンク解約→UQモバイルで一台に統合と考えています。
UQかワイモバのauやソフバンのサブブランドならキャリアと同じ回線なので、地方でも電波が届きにくい心配はない。

3GガラケーをソフトバンクのスマホデビューでタダでPixel4をもらった(家電量販店のみ可)。
これに最低プラン月980円をつけて音声通話専用機としてスマホ二台持ち。
SIMロック解除できる101日以上が経過したら解約してUQに統合する。
去年末から2年縛り解約金や端末代違約金も発生しないので、この方法が使える。


Pixel4を無料でもらう

3Gガラケーからのスマホデビューで最新のPixel4(87835円)×2台で17万5670円を無料でもらった。

10万円弱のスマホ本体端末だけタダで手に入れて、サブ機として最低プランで延命。

SIM解除の101日の抑留期間まで培養したら、ロック解除で脱獄して、格安SIMを移植手術して本機として使用する。アクロバティックな機種変であるが、家電量販店の店員の発案で面白そうだったので実施。

確かにお得感ある。

3Gガラケーからのスマホデビューで本体端末の実質無料や新規1円は三大キャリア全てやっているけど、解約金や違約金がない条件が緩い契約はソフバンだけだった。電話通話機目的なので月980円(期間限定だが)はありがたい。

ソフトバンク新規契約だとpaypayで10000ポイントもらえるけど、月980円のスマホデビュープランは対象外。対象は最低でもモンスタープラン以上だけど月5000円請求レベルになるので2ヶ月で溶ける。980円プランなら、プラン上げてまでもらわなくていい。

すでにスマホの人は割引は2万円までに制限されている

3Gガラケーではなく、すでにスマホを持っている場合、スマホからスマホへの新規契約だと、MNPの割引は-2万円以下に制限される。
去年末に本体の全額割引が総務省からダメよされ、各社対応している中ソフバンは今月末まで生きている。かつ2年縛りや途中解約の違約金の後払いもないのでタイミング良い。

スマホ会社に対して総務省が本体代無料を禁止(2万円の値引きまでに制限)したのは、通信料の値下げさせる狙いがあるため。
しかしキャリアスマホの本体代が高すぎて変えない人も多いので、本体代を残価ポイント還元などで逃げ道のイタチごっこ。


スマホ2台持ちからの統合

Google pixel4とZenfone Max Pro M2のスマホ2台持ちになった。ソフトバンクの音声通話とocnのデータ専用機。SIM解除期間101日以上まで使ったら両方解約してUQに統合する。

ファーウェイの規制圧力緩和による復活と、ZenFoneの改善と、oppoの躍進を夢見ながら、pixel4とXperia1とiPhone11の頂上対決を他人事のように横目で見ながらタダでもらったpixel4使う。消去法で高級機しかないのが切ない。

スマホも最長でも5年も使えばネットの進化に対するメモリ不足やバッテリー消耗で不便になって買い換えることになる。ノートパソコンも同じ。3万円前後の機種で格安SIMを回していくのが一番コスパ良い。

おすすめの格安スマホSIMの会社

◎スタンダードに使いたいなら

私のオススメは、音声通話とデータ利用が月3GBまでならUQで1980円一択です。

(3GBあればほとんど事足ります)

ワイモバ(Ymobile)の月1500円でも良いですが、UQのように低速節約モードやデータ翌月繰越がない。加えて速度制限後はUQより速度が遅くなるので比較するとUQより劣ります。

◎データを無制限で使いたいなら

もしすでにスマホを持っている人で、
データを無制限で利用したいならモバイルWi-FiのSIMのみ(3000円)と、
音声プランのみIIJのSIM(920円)をSIM2枚挿し可能スマホ(ファーウェイP30やZenFone pro max2等のデュアルSIM可能かつ充電持ち良い )に入れるのが最適解です。

月4000円程度で使い放題が可能になります。

キャリアの使い放題で月8000円を考えると遥かにお得です。

例えば、Zenfone Max Pro M2。5000mAhもあるから充電持ちは良い。レスポンスも速い。
5000mAhで充電持ちは良いので、音声通話専用機としては重宝できそう。 Zenfone Max Pro M2