徹底比較!MVNOを選ぶコツ!「制限時の通信速度」とその「期間」

MVNOの契約会社は、それぞれの会社が通信速度で競ったり、クーポンを出して競ったりしています。

いろいろ目移りしてしまいそうですが、一番重要なのは「制限時の通信速度」とその「期間」です。

「今なら~Mbpsまで~日間 無料!」「制限解除券5000円分プレゼント!」など、どんなに魅力的なクーポンがあったとしても、携帯電話は長期的に使うものですので、目先の得ではなく基礎のプランを吟味する必要があります。

MVNO会社の選定基準のコツ

結論から言えば、選定基準は

①制限時の通信速度が高い会社

②1日で通信制限をリセットしてくれる会社

この2つの条件のあるところを選ぶべきです。

MVNOの利用回線であるNTTドコモ回線「Xi(クロッシィ)」は受信時(下り)最大112.5Mbpsの高速通信が可能だと言われています。

しかし、体感速度として1MB~5Mbps前後くらい出てくれれば、通常のサイトを見る分にはサクサク見れますし、Twitter・Facebook・LINE・mixiなどのSNSもサクサク動きます。動画サイトも止まることなくほぼ問題ありません。

よく言われる通信速度(Mbps)の基準は以下のような感じです。↓

1Mbps以下・・写真が多いサイトや動画サイトで開く時に時間がかかる。動画サイトを見るとよく止まる。

1~2Mbps・・通常のサイト(SNSサイトも含む)は問題ないが、動画サイトは起動が遅くたまに止まる。

2~5Mbps・・通常のサイトはサクサク見れる。動画サイトでもストレスなく見れる。

5Mps以上・・通常のサイトのみならず動画サイトもサクサク見れる。これ以上の速度であれば十分速いのでもう体感的に大差なし。

ほとんどの主要なMVNOの業者は、最大112.5Mbpsの高速通信で使いまくり、その後、制限しても200kbpsの最低速度は維持してくれています。

なので通常サイト閲覧や、SNS(Twitter・Facebook・LINE・mixiなど)は、少し時間がかかるものの、通信速度的にはそれほど問題ありません。

問題は、その最大112.5Mbpsの高速通信で使いまくって、どのタイミングで制限されるかということです。

「日」で容量制限をリセットしてくれるMVNOを選ぶべし!

MVNO業者は、いつまでも最大112.5Mbpsの高速通信で使い続けさせてくれるわけではなく、データ通信容量が一定に達すると制限してきます。

20130816-15446

しかし、「月」の使用容量で通信速度の制限をするMVNOはかなり使いにくいと思います。

例えば、
Aさんは、「」の使用容量で通信速度制限されるMVNOに契約し、その月に入って最大112.5Mbpsの高速通信を利用して、動画サイトをサクサク見まくっていました。
Bさんは、「」の使用容量で通信速度制限されるMVNOに契約し、その月に入って最大112.5Mbpsの高速通信を利用して、動画サイトをサクサク見まくっていました。
Bさんは毎日のように「日」の使用容量である30MB(動画閲覧15分ほど)に達し、夜には200kbpsに通信速度制限されていました。
しかし翌日にはリセットされるので、朝からまた最大112.5Mbpsの通信を楽しんでいました。
Aさんも同じように、毎日、動画サイトを見まくっていました。「月」で速度制限されるので、Bさんのようにその日の途中で制限されることはありません。多い日では2時間以上も動画サイトを見ていました。
しかしAさんはその月の後半になって「月」の使用容量である500MBに達し、残りの日数を200kbpsの速度で過ごさなくてはならなくなりました。
そんな時に限って会社の重要資料をダウンロードしたり、ディザリングする機会が・・・。
オプションで制限解除して追加料金を支払わなきゃ・・。

・・なんてことが起こりえます。

「日」で通信速度をリセットしてもらっていた方が、いざというときに対処しやすいです。

もちろんこれは極端な事例ですが、日によって、ネットを使うのが多い日・少ない日があると思いますので、「日」の使用容量で制限をリセットしてくれるMVNOを選ぶべきです。

初めてのMVNOを利用する人なら尚更です。

そうなると「日」ごとで制限に達しても翌日にはリセットしてくれるocnが最も使いやすいのではないかと思います。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE SIMパッケージ

NTTのページのよると、30MBの転送量で可能な作業の目安というのは以下の通りです。

●テキストメールの送受信・・約6000通
●Webサイトの閲覧・・約120ページ
●動画の視聴・・約15分
●IP電話アプリ「050 plus」による通話・・約120分

動画以外は、一日でほぼ達成不可能なほど十分な容量であることが分かると思います。

仮に一日でこの制限に達したとしても、翌日にはまたリセットされて最大112.5Mbpsの速度で、30MBを使い放題になります。

これで毎日どれだけ使っても、データ通信の「月額」は定額980円。それを上回ることは絶対にないのでオススメです。

このMVNOの設定方法については私の以下の記事を御覧ください↓

スマートフォンXperia A SO-04Eに乗り換えた

MVNO!スマフォ月額980円以下で使い放題する方法!

MVNOの登録とスマフォの設定方法!

MVNOを利用する時の使い方と留意点

Xperiaのオプション品として買い揃えたもの

MVNOの回線速度を測定比較!こんな山奥でも繋がる!(月980円以下で格安スマフォ)/

(その他、参考リンク[外部サイト])
【月1000円SIM】IIJmio vs OCN、○と×をチェック -ASCII
http://ascii.jp/elem/000/000/807/807533/index-2.html
月額980円の激安SIM「OCN モバイル エントリー d LTE 980」のお得さと実用性を検証する!
http://ascii.jp/elem/000/000/810/810044/

2013年08月16日
スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ