360°で撮った画像をFacebookにアップロードして楽しみましょう。

こんな感じや。

こんな感じ。

インパクトがあって話題になりますよ。

「なぜFacebookか?」というと、360°の画像に対応しているメジャーなサイトが今のところFacebookしかないからです。
instagramやTwitterは対応していません。
(2019年現在)

その手順方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回はInsta360 ONEを例にします。

Insta360 ONE X 5.7K 360度動画 手ブレ補正機能

まずinsta360に挿入されているMicroSDをカードリーダー等でUSBでパソコンに接続して取り込みます。

私はこのカードリーダーを使っています。カラーが白なのでなくしにくいのが良いです。

BUFFALO 高速カードリーダー/ライター 節電モデル ホワイト BSCR24EU2WH

①Insta360 Studioで.jpgファイルに変換

insta360の公式サイトへ行きます。

https://www.insta360.com/download?locale=ja-jp

次に買った対象の商品を選びます。

360度編集ソフトウェアInsta360 Studioをダウンロードしてインストールします。

Insta360 Studioを開きます。
左上のFileから選択してもいいですし、ファイルを直接Insta360 Studioのウィンドウにドラッグして開いてもOKです。

取り込んだデータは、
画像は.inspの拡張子。
動画は.insvの拡張子になっています。

画像の場合.inspです。

下の黄色の「Export」を押すと変換が始まります。

すると横長い.jpgファイルが出来上がります。

②変換した.jpgファイルをFacebookにアップロード

ここからは通常の画像と同じように変換した.jpgファイルをFacebookにアップロードします。

画像をどこかサイトなどに埋め込むときは、右下のオプション→埋め込みで貼ることができます。