Windows8.1でデスクトップ下のタスクバーがフリーズする対処法

Windows8.1でデスクトップ下のタスクバーを選択すると数秒フリーズする症状の対処法です。

選択すると数秒フリーズしてたまに固まったりします。電源起動時は変化ないのですが3時間ほどすると動かなくなってきます。

原因は2015年3月11日のWindowsUpdate(ウィンドウズアップデート)でKB3033889をインストールしたことによるようです。

コントロールパネル→プログラムと機能→インストールされた更新プログラムを表示→右上の検索欄にKB3033889と入力→アンインストール

それとWindowsUpdateを自動更新ではなく手動更新にしてKB3033889を入れないように注意しましょう。

2015年03月14日
スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ