スマートフォンXperia A SO-04Eに乗り換えた

スマートフォンXperia A SO-04Eresize0511

6年間使っていたガラケーのdocomo F905iから、
スマートフォンXperia(エクスペリア) A SO-04Eに乗り換えました。

なぜXperia(エクスペリア) A SO-04Eにしたかというと、

実使用時間:約51.2時間
充電時間:約160分
サイズ:約4.6インチ
Xi(クロッシィ):受信100Mbps/送信37.5Mbps 800MHz対応
FOMAハイスピード:受信14Mbps/送信5.7Mbps
OS:AndroidTM 4.1
内蔵メモリROM:32GB
RAM:2GB
データフォルダ容量:約24.9GB
プロセッサ APQ8064 1.5GHz(クアッドコア)

…という今最新(2013年夏現在)の最高スペックということもありますが、

本来の目的は

MVNOを利用してパケット定額料金を980円以下にするため


です。

今でも、機能とかよく分からないけど周りに合わせてしょうがなくスマートフォンに乗り換えている人は多いです。

しかしスマートフォンを使うとなると、
ドコモでもソフトバンクでもauでもパケット定額プランに入って、
基本料金1000円プラス、パケット定額料金5000円前後、通話料・維持費・本体価格2年縛り返済・サービスなど・・・

なんだかんだで月額7000円~10000円くらい請求されているのではないでしょうか。

逆にその高額請求がキツいので、私のようにガラケーのまま使い続けている人も多いと思います。

私もそうでした。

しかしMVNOを利用すれば、データ通信のパケットを月の定額980円以下で使い放題することができます。

しかも、通話料・維持費・本体価格2年縛り返済・サービスなど、これらのお金は一切かかりません。

本当に980円以下でスマートフォンが使えてしまいます。

まだ某匿名掲示板や、ケータイショップ店員でさえ、MVNOについて知らない人も多かったです。

今後、このMVNOが手軽に乗り換えられるようになって普及してくると思います。

一足早くこの方法を紹介していきます。↓

【まとめ】ほぼスマホ!MVNOで通信費パケット定額980円以下!使用料も維持費も無料!

MVNO!スマフォ月額980円以下で使い放題する方法!

MVNOの登録とスマフォの設定方法!

MVNOを利用する時の使い方と留意点

Xperiaのオプション品として買い揃えたもの

2013年08月12日
スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ