【価格比較】外付けハードディスク vs 内蔵ハードディスク

裸族のお立ち台HDD

データをバックアップするために内蔵ハードディスクをハードディスクスタンド(HDDスタンド)に立てて使用していた所、

「あれもしかして普通に外付けハードディスクの方が安いんじゃないか?」

・・と思ったので価格比較してみました。

条件を揃えるために容量は同じスタンダードに2TBです。

外付けハードディスク

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LC2.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

価格変動しますがおよそ9000円くらいでしょうか。

内蔵ハードディスク(+HDDスタンド)

WD 内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0(SATA 6 Gb/s) 64MB Inteilipower 2年保証 WD20EZRX

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

合わせて15000円ほど。

ぐえー!

外付けハードディスクの方が安い!

ハードディスク本体だけならそんなに差はありませんがHDDスタンドまで合わせると話は別。

耐久性や長持ちでもバックアップ用なら外付けハードディスクを買ったほうがいいです。

私はつい昔の癖で「外付けハードディスクは高い!」という印象を持っていたので、
「内蔵ハードディスク」+「ハードディスクスタンド」の組み合わせにしていたのですが・・・。

これから買う方は是非、私のような失敗をしないように最初から外付けHDDがおすすめです。

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LC2.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

そしてソフトでの自動バックアップも忘れずに。

パソコンの寿命を調べる方法(ハードディスクの寿命・HDDの寿命)
http://libpsy.com/hdd-life-span/993/

2015年03月07日
スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ